映画あれこれ

観た映画の記録用

アウトブレイク

f:id:nogichinko:20171028184633j:plain

★★★★★

ダスティン・ホフマン / レネ・ルッソ/モーガン・フリーマン


脅威の感染力と致死率を持つ未知のウイルスとそれに打ち勝つべく、人類のために奔走する病理軍医の物語。



いわゆる、「バイオハザード」に立ち向かう話だがストーリーがかなりよくできており、終始ハラハラドキドキの連続である。

テンポも良いので退屈になることはない。


また、劇中に起こる「バイオハザード」は、某ゾンビになるウイルスなんかより余程リアリティのあるものでより恐怖を覚える。感染経路や宿主がわかれば、きちんと人間の手で抗体を生み出せるので、そこまで辿り着く過程が肝となっている。


また、感染者の死への恐怖、医師のあるべき姿、軍人のあるべき姿がよく描かれており、考えさせられる場面も多く、単なるスリラーではない作品と言えよう。