映画あれこれ

観た映画の記録用

アマデウス

f:id:nogichinko:20170601204905j:plain

★★★★★


モーツァルトことヴォルフガング・アマデウスモーツァルトの半生を描いた作品でローマ・オーストリアで宮廷学長を務めたアントニオ・サリエリの視点で語られている。


モーツァルトというと今でこそ数々の名曲で有名だが、彼が本当に評価されたのは彼の死後である。

この作品では神に与えられし才能とは裏腹に、惨めにひっそりとこの世から退場したモーツァルトの人生を描いている。

些か言い過ぎかもしれないが、この作品を通して感じるのはモーツァルトの曲のような華やかさとは真逆のものであり、ラストは悲壮感に溢れている。


またサリエリモーツァルトの心のすれ違いも非常に物悲しい。

モーツァルトの音楽が社会的な音楽のニーズに合っていなかったためにモーツァルトは徐々に虐げられていく中、最後までモーツァルトの音楽に感銘しモーツァルトの才能を認めていたサリエリ

モーツァルトは才能を恐れ、モーツァルトの出世を画策したサリエリだったが皮肉にもモーツァルトが死ぬ直前まで信頼していた音楽家はサリエリただ1人だった。


サリエリは自らがしたことによってモーツァルトに恨まれていると思い込み、自殺まで試みるが果たして本当にモーツァルトは彼を恨んでいるだろうか(反語)


モーツァルトの代表曲とともに2人の男の人生を垣間見ることのできる大作