映画あれこれ

観た映画の記録用

フェイスオフ

f:id:nogichinko:20170601201327j:plain

★★★★★

ロバート・デニーロジョン・トラボルタ


FBI捜査官のショーン・アーチャーは、6年前に息子を殺されて以来、テロリストのキャスター・トロイの行方を執念深く追っていたが、やがて彼が弟とともに空港から逃亡を図るとの情報を掴み、罠を張って激戦の末逮捕する。

ついに宿敵を逮捕したアーチャーだが、キャスターがロサンゼルスに細菌爆弾を仕掛けていたことが判明。キャスターは植物状態、彼の弟ポラックスは話をはぐらかし、爆弾の在り処を聞き出すことができない。苦慮した末アーチャーはキャスターの顔を自分に移植してキャスターになりすまし、ポラックスが収監されている刑務所に入獄して兄として情報を聞き出すことを考える。しかしそこにキャスターがアーチャーの顔を付けて現れた。

キャスターは麻酔切れとともに蘇生し、医者にアーチャーの顔を自分へ移植させたうえ、すべての関係者を抹殺してしまったのだ。彼は自分で仕掛けた爆弾を(アーチャーとして)自ら解除し英雄となっていた。刑務所を出ることもできず、自分の顔や地位、家族までも奪われたアーチャーは、キャスターに復讐をはたすべく脱獄し戦いを挑むことになる。(wikiより)


顔を入れ替えるというありそうでないなかなか大胆な発想は物語の導入として非常にわかりやすい。

(いくら植物状態とはいえ、凶悪犯に1人も監視をつけてないのは些か不自然に感じるが…)

序盤で主人公の同僚や関係者が容赦なく殺されることで物語は一気に緊迫感を増すことになる。

しかし意外にも、アーチャーに扮したキャスターは良き夫としてアーチャーの家族へ接し、ユーモアがあり仕事ができる男を演じるのだ…

それはまさに本当のアーチャーが周りから求められていた姿であり、誰もアーチャーの中身が別人などと疑うことなどしなかった(上司のラザロはアーチャー(キャスター)のあまりの仕事ぶりに疑ったがこれは嫉妬によるものだろう)

そのことが余計に「この先どうなるの!?」とハラハラさせる


この映画、物語の大半を悪役の顔をした主人公が頑張るので終わった後に非常に複雑な気持ちになる(笑)だが、そういう所も含めて普通の正義vs悪を映画とはまた違った見応えがあった。

ジョン・ウー監督なだけあってアクションも素晴らしい。


少し変わった映画を観てハラハラしたい時におすすめの1本