映画あれこれ

観た映画の記録用

もしも昨日が選べたら

f:id:nogichinko:20170623143115j:plain

★★★★☆

アダム・サンドラー主演


家庭より仕事を優先させる男が何でも出来る万能リモコンを手に入れ、人生をボタン1つで操っていく様を描いたコメディ


中盤まではアダムお得意のコメディ調で、あまり気負わずに何気なく観ていたが終盤からのまさかの展開にいい意味で期待を裏切られた。


身近な人と過ごす時間の大切さとかけがえのなさに気づかされる一本

私がクマにキレた理由

f:id:nogichinko:20170601211354j:plain

★★★★★

スカーレット・ヨハンソンクリス・エヴァンス


表題がどうにも残念な感じだが、一言で言えばベビーシッター物語。

今でこそクールビューティのイメージが強いスカヨハの女の子らしい一面が見られるサクセスストーリーだ。


またクリス・エヴァンスもボーイフレンドとして出演したしており、いつもはお堅いキャプテンアメリカブラックウィドウがガッツリとラブしちゃってるのでとても新鮮(笑)


メリーポピンズのパロディシーンもあり、わかる人は思わずクスッと来るはず。


可愛いヨハンソンのドタバタ劇に思わず元気になれる快活な作品


アマデウス

f:id:nogichinko:20170601204905j:plain

★★★★★


モーツァルトことヴォルフガング・アマデウスモーツァルトの半生を描いた作品でローマ・オーストリアで宮廷学長を務めたアントニオ・サリエリの視点で語られている。


モーツァルトというと今でこそ数々の名曲で有名だが、彼が本当に評価されたのは彼の死後である。

この作品では神に与えられし才能とは裏腹に、惨めにひっそりとこの世から退場したモーツァルトの人生を描いている。

些か言い過ぎかもしれないが、この作品を通して感じるのはモーツァルトの曲のような華やかさとは真逆のものであり、ラストは悲壮感に溢れている。


またサリエリモーツァルトの心のすれ違いも非常に物悲しい。

モーツァルトの音楽が社会的な音楽のニーズに合っていなかったためにモーツァルトは徐々に虐げられていく中、最後までモーツァルトの音楽に感銘しモーツァルトの才能を認めていたサリエリ

モーツァルトは才能を恐れ、モーツァルトの出世を画策したサリエリだったが皮肉にもモーツァルトが死ぬ直前まで信頼していた音楽家はサリエリただ1人だった。


サリエリは自らがしたことによってモーツァルトに恨まれていると思い込み、自殺まで試みるが果たして本当にモーツァルトは彼を恨んでいるだろうか(反語)


モーツァルトの代表曲とともに2人の男の人生を垣間見ることのできる大作



フェイスオフ

f:id:nogichinko:20170601201327j:plain

★★★★★

ロバート・デニーロジョン・トラボルタ


FBI捜査官のショーン・アーチャーは、6年前に息子を殺されて以来、テロリストのキャスター・トロイの行方を執念深く追っていたが、やがて彼が弟とともに空港から逃亡を図るとの情報を掴み、罠を張って激戦の末逮捕する。

ついに宿敵を逮捕したアーチャーだが、キャスターがロサンゼルスに細菌爆弾を仕掛けていたことが判明。キャスターは植物状態、彼の弟ポラックスは話をはぐらかし、爆弾の在り処を聞き出すことができない。苦慮した末アーチャーはキャスターの顔を自分に移植してキャスターになりすまし、ポラックスが収監されている刑務所に入獄して兄として情報を聞き出すことを考える。しかしそこにキャスターがアーチャーの顔を付けて現れた。

キャスターは麻酔切れとともに蘇生し、医者にアーチャーの顔を自分へ移植させたうえ、すべての関係者を抹殺してしまったのだ。彼は自分で仕掛けた爆弾を(アーチャーとして)自ら解除し英雄となっていた。刑務所を出ることもできず、自分の顔や地位、家族までも奪われたアーチャーは、キャスターに復讐をはたすべく脱獄し戦いを挑むことになる。(wikiより)


顔を入れ替えるというありそうでないなかなか大胆な発想は物語の導入として非常にわかりやすい。

(いくら植物状態とはいえ、凶悪犯に1人も監視をつけてないのは些か不自然に感じるが…)

序盤で主人公の同僚や関係者が容赦なく殺されることで物語は一気に緊迫感を増すことになる。

しかし意外にも、アーチャーに扮したキャスターは良き夫としてアーチャーの家族へ接し、ユーモアがあり仕事ができる男を演じるのだ…

それはまさに本当のアーチャーが周りから求められていた姿であり、誰もアーチャーの中身が別人などと疑うことなどしなかった(上司のラザロはアーチャー(キャスター)のあまりの仕事ぶりに疑ったがこれは嫉妬によるものだろう)

そのことが余計に「この先どうなるの!?」とハラハラさせる


この映画、物語の大半を悪役の顔をした主人公が頑張るので終わった後に非常に複雑な気持ちになる(笑)だが、そういう所も含めて普通の正義vs悪を映画とはまた違った見応えがあった。

ジョン・ウー監督なだけあってアクションも素晴らしい。


少し変わった映画を観てハラハラしたい時におすすめの1本

HEAT

f:id:nogichinko:20170601115253j:plain

★★★★★

アル・パチーノロバート・デニーロ


独自の理念を持ち銀行強盗を繰り返す男とそれを追う強面FBI捜査官の因縁を描いた最高にかっこいい男臭い映画。

家庭を捨て仕事に打ち込む捜査官、仲間に家族を大切にすることを要求し、また自らも愛を求める犯罪者。相反する二人の対決は単なる善と悪ではない。


ラストのシーンは捜査官と犯罪者ではなくまさに男と男の戦いである。

セルラー

f:id:nogichinko:20170429173841j:plain

★★★★★

クリス・エヴァンスジェイソン・ステイサムキム・ベイシンガー


いきなり何者かに拉致されたジェシカが壊れた電話を直し、ようやく繋がったのは見ず知らずの青年ライアンだった。

ライアンはジェシカから伝えられたわずかな手掛かりをもとに奔走する。

狙われるジェシカの家族、渦巻く陰謀…

果たしてライアンはジェシカを救うことはできるのか…



題名の通り、携帯電話がすごい活躍する映画。

何気に今やキャプテンアメリカで有名なクリス・エヴァンスやトランスポーターのステイサム、花嫁はエイリアンのキムが主演。(ジュラシックパークⅢのウィリアム・メイシーもいるよ!)

とにかく疾走感がすごい。退屈な間など皆無だし、目まぐるしい展開に唾を飲み込むことさえ忘れてしまう(笑)

普段キャプテンのクリスしか観たことがない人も多いと思うが、本作のクリスはマジで表情豊か。少し前の映画だがそういった意味でも新鮮さを感じられる作品だと思う。


一気に観たい1本

ルドルフとイッパイアッテナ

f:id:nogichinko:20170419114346j:plain

★★★★☆

井上真央  鈴木亮平

1987年に出版され、児童文学の名作として語り継がれる作品が3DCGでアニメ化


今どき珍しい日本製フルCGアニメーションだが、かなりよくできていてあまりチープな感じはしなかった(笑)

これを観て幼き頃、教育テレビでやっていた「親子で観るテレビ絵本」でこの作品を観たことがあったのを思い出した。(その中のルドルフはあんまり可愛くなかった気がするw)


大まかなあらすじとしては、岐阜で暮らしていたルドルフが誤ってトラックに乗り込んでしまい東京にやって来てしまいそこで野良猫のイッパイアッテナと出会い様々なことを教えてもらうというもの。


子供をターゲットにしているからか話自体は非常にシンプルだが、キャラクターや明快なストーリーが個人的にはかなり良かった。

声優陣も俳優女優が主だが意外とすぐ慣れた(笑)

八嶋の演じるブチ大好き